いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Recommended articles いきしまだより

いきしまぐらし > いきしまだより > [ 壱州人辞典 No.90]料理人:川上峻矢

[ 壱州人辞典 No.90]料理人:川上峻矢

-高校まで続けてきた野球に専念するため、卒業後は福岡のコンピューター系専門学校に進学。過去プロ選手を輩出した実績のある強豪校で、懸命に取り組むも、在学中に引退。専門学校卒業後は福岡の飲食店で働き、27歳で帰島。勝本町にて居酒屋LAMP店主として2021年11月から営業開始。勝本町出身・在住。- 

 

 

Q1. 壱岐に来るまでは何をしていましたか?

 福岡の焼き鳥居酒屋で働いてました。

始まりは学生時代にバイトとしてだったんですが、社員さんから「社員になれ~、社員になれ~」って呪文のように誘われ、その呪文にかかって27歳まで働きました(笑)。バイトとして2年半、社員としては5年間そのお店で働いて、焼き鳥の焼き場、焼き鳥以外の料理を作る調理場、あとはホールでのサービス、全部やってました。負けん気だけは強かったので。ただ、労働時間が1日14~15時間、休みは週1日。自分よりも後輩が全然入ってこないけん、最後の最後まで自分が一番の下っ端でした。だから、毎回自分が最初に出勤していましたが、上の人がいい人たちやったけん、それがありがたかったですね。

 

 

 

 

Q2. 壱岐に戻ってきたきっかけはなんですか?

 長男って言うのもあって、親からは特に言われてはないけど、いつか戻って来るって自分の中で決まっていました。だけど、壱岐だと福岡に比べて仕事の数はそれほど多くはないじゃないですか?自分自身、与えられた仕事に忙殺される生活よりも、自分でやったらストレス的にそんなに嫌な思いもないじゃないかなと思っていて。やけん、飲食を選んだってのはありますね。

30歳までには壱岐に戻って来ようって思っていて、仕事を辞める話とかもしよったんですけど、そんな時にあかり屋の透さん(壱州人辞典No.50)がここを紹介してくれました。元々自分で店をしたくて、きっと勉強になるだろうなと思ったので、LAMPの井手さん(壱州人辞典No.26)に連絡を取って、店を始めることを決めました。

 

 

 

Q3. 飲食店を経営していて、どんな時にやりがいを感じますか?

 やっぱり「美味しい」と言ってくれることですね。

営業中はできる限りお客さんの方を見るようにしていて、どんなに忙しい時でも耳はお客さんの方に向けてます。そうした時に聞こえる声の中で、「美味しい」とか言ってくれるの が一番嬉しいですね。人気のメニューはお客さんが、まだ食べたことない人にも勧めてくれて、それをきっかけに食べに来てくれることもあって嬉しい限りです。

 今の仕事は、お客さんに来てもらって、お客さんが働いたお金をいただく。それが自分の給料になってるわけじゃないですか。それを絶対忘れちゃいけないなって思います。感謝の気持ちを。どんだけ忙しくても、お客さん入ってきたときは目を見て挨拶して、途中忙しい時は話もできないですけど、帰りのお見送りは絶対にしますね。それだけは徹底してます。

 

Q4. これから壱岐でどんなことをやっていきたいですか?

 まずは地元の方が満足できるお店にしていきたいです。

元々地元向けでやろうと思って始めましたが、こんなに観光客がいるって思いませんでした。魚は練習していきたいと思ってるんですけど、漁師町のお客さんにヘタなもん出せないじゃないですか。余計に印象が悪くなると思って。だけど、観光で来る人は食べたいじゃないですか。だから、観光の人が喜ぶような魚料理だったり、壱岐の食材を何か使って満足してもらいたい想いがあります。観光客がここに来てくれるのは、ゲストハウスLAMP壱岐の力なんで、感謝の気持ちを持ってその想いをLAMPに還元していきたいですね。

 

 

Q5. あなたにとっての壱岐を一言で表すならなんですか?

 住むところです。

ちょうどいいですね。不便か便利か分からんですけど、なんか遊び行きたかったら福岡にすぐ行けるし、お金もあんまり使うこと無いし。あんまりなんかが出来すぎてもお金使いすぎてしまうし。住むにちょうどいいところですね。

Photo by 髙田望


【壱州人辞典とは】

地元出身者・移住者・年齢・性別問わず、“壱岐に住む(暮らしている)人”を紹介していく企画です。
壱岐島の良さを伝えるには、その地に暮らす人にフォーカスを当てることが大切だと考え、魅力的だと感じる人を紹介していくことで「この人に会ってみたい。」「この人に 話を聞きたい。」という興味を持ってもらい、人が人を呼ぶようなサイクルを作りたいと思っています。
人から人へと辿っていくことで、私たちが知らない、壱岐の人もあまり知らない面白い人に出会いました。


~壱州人辞典一覧はこちらから~

壱州人辞典 | いきしまぐらし 【壱岐市公式】 (ikishimagurashi.jp)

≪この記事を書いた人≫

ぶちさん

長崎県大村市出身。管理栄養士として日本、アフリカで約6年間の活動を経て、2021年4月から壱岐市地域おこし協力隊に就任。

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび
  • いきしまぐらしNEO