いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Dream Voice もしこの島で暮らすなら

全国各地の海を知るプロの潜水士。「壱岐は海も地形もキレイな島」。

Dream Voice 04

写真:上:ヘルメットを被ってうウェットスーツを着てる川崎満さん。下:2名が海に潜ってダイビングをしている。

「依頼があれば、全国どこへでも」。そう話す川崎満さんはフリーの潜水士。
海や川の中、ダムや橋梁の下などあらゆる水中に潜り、工事や修理、点検、調査を行っている。
と同時に、福岡市内で2軒の飲食店も経営。仕事が忙しいためプライベートで海に潜ることはほとんどないというが、「知人やお店のお客さんからの依頼でダイビングのツアーを組んだり、アシストしたりすることはあるんですよ」と笑顔。仕事柄、全国の海に潜ってきた川崎さん、壱岐の海でももちろん仕事をした経験がある。「護岸工事で島に何日か滞在しました。壱岐は、海はもちろん地形がとてもキレイな島。 夏だけでなく秋や冬の草原もいい。何より、 住民の方々がとても暖かく迎えてくださって、気持ちよく仕事ができたのを覚えています。福岡からも、壱岐なら船で1時間ちょっと。島にもうひとつ拠点を置いて、休みの日にダイビング好きな仲間をガイドするのもいいですね」。 都市から近い島だからこそ実現できるこのアイデア。島暮らしが何だか身近になる気がする。

写真:座ってインタビューに答えている川崎満さん。

移住4年目、先輩から「一言」アドバイス!

One point
Advice

移住前には壱岐の四季を体験してほしい。

壱岐は、海はもちろん山や草原の気持ちよさも格別!1泊くらいでは伝えきれないほど、盛りだくさんの魅力があります。移住をお考えの方には夏の海水浴シーズンだけでなく秋や冬にも滞在して、この島の魅力を知ってもらいたい。私たちもゲストハウスでお待ちしています!

Profile

大川 香菜さん(海女)

岩手県陸前高田市出身。現在は壱岐で海女として働く傍ら、島で出会ったご主人と一緒にゲストハウスみなとやを経営。

写真:大川 香菜さん

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび
  • いきしまぐらしNEO