いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Recommended articles いきしまだより

いきしまぐらし > いきしまだより > 大物のマダイを狙え!「第2回壱岐の島タイラバ大会」レポート(前編)

大物のマダイを狙え!「第2回壱岐の島タイラバ大会」レポート(前編)

博多から高速船で1時間、玄界灘に浮かぶ離島、長崎県・壱岐島をご存じですか?

アクセスの良さと、透明度が高く綺麗な海を楽しもうと、日帰りも含めて多くの観光客が訪れます。また、1日あれば車で一周出来るくらいの大きさも人気です。

壱岐島は観光以外にも釣りの聖地とも言われており、年間を通して多くの釣り人が訪れます。

アジやスズキ、イカや高級魚のクエなどさまざまな魚が釣れますが、その中でもマダイに狙いを絞った釣り大会に、撮影取材で参加してきました。その模様を前編・後編の2回にわたってお届けします!

 2020年11月29日、壱岐釣り船協会(永村弘一会長)主催の「第2回タイラバ大会」が開催されました。

タイラバとはタイ釣りに特化したルアーのことで、鉛玉(ヘッド)に餌の代わりのラバー製の部品と針を付けたもので、パーツを組み合わせたり自作するなどして、オリジナルのルアーで釣ることも楽しみの1つとなっています。

 

↑タイラバ の仕掛け

明け方6時頃、まだ夜が明けきらない中、参加者たちが続々と漁船に乗り込んでいきます。

出航は、郷ノ浦港と印通寺港の2か所で、島内島外合わせて約80人が参加。

この日は薄曇りで風が寒く、港から見た波はさほど強くないように感じました。

撮影チームは参加者を見送ったあと、「今日はこの時間に釣れ始めそうだね」と教えていただいた時間に合わせて、壱岐沖へと出発しました。

港から出港した時はさほど感じなかった波が、沖合に行くにつれて強くなっていきます。

大会が行われている場所に着くと、各船それぞれのポイントで勝負が始まっていました。

 

 

 

↑タイを釣った方に見せてもらいました!

良い笑顔です

 

 

後半につづく

≪この記事を書いた人≫

髙田 望さん

自然の中で暮らしたくて、一目惚れした壱岐島に移住。 現在、地域おこし協力隊としても活動中。
前職は、美術品撮影のカメラマンしてました。 2012年から写真作家として活動開始。

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび
  • いきしまぐらしNEO