いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Interview 移住者の体験談

いきしまぐらし > 移住者の体験談 > 移住者インタビューVol.08

壱岐の名産・ウニがおいしい理由を
もっと広く、多くの人に届けたい。

Interview 08

移住歴1

壱岐水産株式会社 営業部長
渡邊 菜津美さん(福岡県古賀市出身)

「地域に根差し、ものづくりをしている会社で、つくる側の想いを伝えていきたい」。志新たに、転職を考えた渡邊菜津美さん。新しい道は母の実家がある壱岐につながっていた。新しい職場は島の名産であるウニの加工業に取り組み、60年以上になる老舗企業「壱岐水産」。渡邊さんは「ホームページなどを充実させ、島外の人にも広く壱岐のウニのおいしさとその理由を伝えたい」と考える。
「実際に磯でウニ獲りを体験したり、手作業の加工をお手伝いしたりするうちに、ウニや壱岐への愛情がどんどん深まりました。商品にまつわる背景、生産者の想いを知ると、より一層ウニをおいしく感じます」。
新しく同社の公開されたホームページには、島に根差し、作り手の想いに寄り添う渡邊さんの温かな目線が息づいている。
さらに「壱岐に来てダイビングを始め、そこから世界も人間関係も広がりました」と渡邊さん。Ⅰターンで壱岐に移住した人同士の交流会に参加し、世代や職業を越えた仲間ができた。「私が暮らす瀬戸浦など、壱岐にはまだ知られていないすてきな風景がたくさんあります。そういう魅力を島外の人に知っていただくお手伝いもできたら嬉しいですね」。

写真:壱岐水産株式会社前に立つ渡邊さん。
写真:デスクワークに勤しむ渡邊さん。 写真:壱岐水産株式会社で加工され商品となったウニ。

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび