いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Interview 移住者の体験談

いきしまぐらし > 移住者体験談 > 団体職員 浦川将文

農業で圧倒的に稼ぎたい。
島の外で気づいた魅力と活かし方。

2017 移住

団体職員
浦川将文さん(長崎県壱岐市出身)

 高校卒業後、島外へ進学し物づくりの仕事をしていた浦川将文さん。自分で何かしたい、よりよい物を作りたいという想いが根底にあったという。「自分に何があるかを考えた時に、壱岐に帰れば肥沃な土地や自然があることに気づき、古いと思われがちな農業に新鮮な魅力を感じて帰ってきた。」という。現在は壱岐の農業の発展に寄与するために農協で営農指導員として勤務されている。「手を掛けるところは手を掛け、抜くところは抜く、効率的な野菜作りをしたい」と想いながら日々作物に向き合っているという。
 「子どもは学年を超えて虫博士と呼ばれるほど虫が大好きで、遊び場がすぐそばにある」と嬉しそうに話す浦川さんもかつてはこの地で子ども時代を過ごした。
 「将来はいつか独立し、普通の農業ではない斬新で圧倒的に稼げる農業を実践したい。壱岐は島なので輸送なども不利だと思われがちですが、それはミネラルをたっぷり浴びて離島の肥沃な大地で育ったということ。なかなか手に入れることができないというプレミアム感に繋がる。」嬉々として話す浦川さんの想いは続く。

写真:浦川将文[さん]の生活イメージ写真
写真:浦川将文[さん]の生活イメージ写真 写真:浦川将文[さん]の生活イメージ写真

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび
  • いきしまぐらしNEO