いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Blog いきしまBLOG

いきしまぐらし > いきしまブログ > 「海釣りだけじゃない!」淡水魚も存分に楽しめる壱岐の釣り事情。

「海釣りだけじゃない!」淡水魚も存分に楽しめる壱岐の釣り事情。

壱岐市は五島列島と並び全国に知られている最高の海釣りスポットです。しかし、淡水魚の釣りも楽しめる島であることは、あまり知られていません。壱岐市が淡水魚の釣りも十分に楽しめる島であることをご紹介いたします。早速あなたも淡水魚の釣りに挑戦してみませんか?

 

「スポーツとして釣りを楽しむならブラックバス!」

淡水魚の釣りと言えばブラックバスです。今はスポーツフィッシングとしてその地位を確立しています。残念ながら現在はバスフィッシングが禁止された貯水池がだいぶ増えてしまったのですが、写真にご紹介する貯水池のように、壱岐島内にはまだバスフィッシングが堪能できる所がたくさんあります。時間を見つけて自分の釣り場を開拓するのも釣りの楽しみです。さあ、あなただけのバスフィッシングポイントをみつけてみませんか?もちろんマナーを守って人に迷惑をかけないようにしてください。またライフジャケットを着用して、自分の安全は自分で守りましょう。

 

「食べておいしいのはなんといってもうなぎ!」

次は、うなぎのA級ポイントをご紹介いたします。芦辺中学校のすぐそばの喫水域です。梅雨入り後の雨上がり,水が濁った時がねらい目です。餌は、ミミズが一番です。壱岐の島では立派なミミズがいつでもただで手に入ります。最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば5分か10分あればミミズをとることができます。針はうなぎ針が島内の釣具屋さんで容易に入手できます。ハリスは必要ありません。安価な道糸を直接針に結びます。針から5 ~10センチくらいのところに5号の重りをつけるとよいでしょう。写真のようにとても広い釣り場です。大勢で出かけて楽しむことができます。竹竿で十分楽しめるので、費用の心配も必要ありません。仕掛けを10本くらい準備して置き竿にするのもよいでしょう。私は、この方法で一日に5匹釣ったことがあります。自分で釣ったウナギはとってもおいしいものです。さばくときはカボチャの葉っぱでぬめりを取ります。

「モーレツな引きを楽しみたいなら鯉!」

写真は、鯉釣りの超A級ポイントです。壱岐市のほぼ中央部に位置する今坂堤(こんざかつつみ)と呼ばれるこのため池は、鯉の数も望めるのですが大型の鯉も望めます。安全に釣りを楽しめるので、近所の子供たちが大勢釣りに来ていますが、竹竿を折られたりハリスを切られたりしています。60センチオーバーの鯉が何度もあがっているポイントです。餌も豊富そうな釣り場です。きっともっと大きいのが潜んでいることでしょう。すぐ近くに雑貨屋もあり食べ物も飲み物もいつでも手に入るので、のんびりと一日大物を狙いたい方にはうってつけです。
ブラックバス、うなぎ、鯉と今回はあえて海釣り以外の釣りをご紹介させて頂きました。未確認ですので、ここでは紹介いたしませんでしたが、芦辺町の川ではフライフィッシングが楽しめるとの情報も得ています。もちろん海釣りならではの醍醐味を楽しむのもよいことなのですが、家族連れでの釣行など海釣りでは味わうことができない魅力が、淡水魚の釣りにはたくさんあります。さて、今度のお休みにあなたが向かうのは海ですか?山ですか?

 

やまさん

若いころ鈴鹿サーキットを走ってた!壱岐市愛無限大。57歳男性
5年前脳出血で倒れ一級身体障がい者となり、Web ライターの道を志ざしました。
ひよっこライターとして第二の人生を歩み始めたばかりです。
レースマシンのハンドルをキーボードに持ち替え執筆活動に精を出しています。

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび