いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Recommended articles いきしまだより

いきしまぐらし > いきしまだより > [ 壱州人辞典 No. 54]味どころ・ペンションふうりん:山下輝昭

[ 壱州人辞典 No. 54]味どころ・ペンションふうりん:山下輝昭

-壱岐市石田町出身・在住。3児の父。山を探しても見つからないが、石田の海を探せばすぐ見つかる。海をこよなく愛しており、様々なマリンスポーツを楽しむが、その中でも“釣って遊びたい”という想いと、“新鮮な魚を提供したい”という想いを兼ねた釣りのウェイトは8割を占める。朝起きて会社に行くように、海に向かって釣りをして仕入れしている。「ふうりん」という店舗名は、季節外れの冬のふうりんをパッと見た時に悪い気がしない上に、かわいくて音色が良いという理由から名付けた。以前はふうりんを運営しながら、福岡でラウンジやクラブ、美容室等を共同経営していた。モットーは「何ふざけてんだ!遊びなんだから真剣にやれよ!仕事じゃないんだぞ!」で真剣に遊ぶ大人。-

 

Q1.なぜ壱岐でその仕事(活動・企画・イベントなど)をしようと思いましたか

父が肉屋をしていて、長男なので肉屋を継ぐ気持ちでいましたが、父に「お前みたいなバカには継がされん」って言われて料理人になりました。家で包丁は使ったこともなかったですね。高校生でみんなが就職を決めだして、料理を作れたらカッコイイと思って、料理を始めました。

高校卒業後に福岡へ行き、修行し始め、18歳から2年間、日本料理のお店で勤めました。それから寿司屋の和食部門に半年くらい勤めている時に、知り合いがお店を出す時に引き抜かれて、中洲の小料理屋にも2年勤めていました。あいなか、肉屋でバイトすることもあって「親父が肉屋です!」って言ったら面接に通りました。(笑)

 

Q2.壱岐の隠れスポットがあれば教えてください。

俺がひっそり行くところはないんだけど、一押しだと「錦浜」かな。

ダイビング・ウェイクボード・釣り・シュノーケルもしますね。どこの海も大体近いんだけど、昼休みの間で行くので店から1番近い錦浜によく行きます。車を停めて海までの距離が近くて、パッと行ってパッと降りたらドボン!が手っ取り早くできることが魅力です。

 

Q3.島外からの移住者に対してどのような印象を抱きますか。

ウェルカムなので歓迎しますね!嬉しいですね。

変な人もそんなにいるわけでもないし、壱岐の人達も親切で優しいから、そういうのが好きになってまた壱岐に来る子の方が多いかな?前から住んでいたように感じますね。みんなそう感じていると思いますよ!

 

 

Q4.あなたにとっての壱岐を一言で表すならなんですか?

壱岐は「自分が自分で居られる場所」かな。

ちっちゃい頃から住んでいるということもあるし、海で遊んで、魚を獲って食べて!お店を始めてからは釣った魚もお店で出せるし、気取らなくて良いし、自分に無理してない、自分らしい自分で居られる場所。楽というか、変にかっこつけなくて自然体で居られる場所ですね。

Photo by 田口有香・髙田望


【壱州人辞典とは】

地元出身者・移住者・年齢・性別問わず、“壱岐に住む(暮らしている)人”を紹介していく企画です。
壱岐島の良さを伝えるには、その地に暮らす人にフォーカスを当てることが大切だと考え、魅力的だと感じる人を紹介していくことで「この人に会ってみたい。」「この人に 話を聞きたい。」という興味を持ってもらい、人が人を呼ぶようなサイクルを作りたいと思っています。
人から人へと辿っていくことで、私たちが知らない、壱岐の人もあまり知らない面白い人に出会いました。 

 

~壱州人辞典一覧はこちらから~

壱州人辞典 | いきしまぐらし 【壱岐市公式】 – Part 5 (ikishimagurashi.jp)

≪この記事を書いた人≫

はんこさん

福岡県出身・宮古島育ち。けしごむはんこ作家と壱岐市地域おこし協力隊として活動。
壱岐での愛称は「はんこちゃん」

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび
  • いきしまぐらしNEO