いきしまぐらし

壱岐市役所地域振興推進課へ電話する

MENU

Recommended articles いきしまだより

いきしまぐらし > いきしまだより > [ 壱州人辞典 No. 51]畜産農家の現役ママ:長尾良子

[ 壱州人辞典 No. 51]畜産農家の現役ママ:長尾良子

ー勝本生まれ勝本育ち勝本嫁ぎのいつも元気なパワフルお母さん。3人の子どもを育てながら義両親とともに畜産業を営む。ー

 

Q1 島外から戻ったきっかけは何ですか?

高校を出て、福岡で美容師として働いていました。その後アパレル業に強く憧れ、転職を決意。人気ファッションブランド入社までの道のりは甘いものではありませんでした。就職が決まるまでは、飲食店や花材屋などの職を経験しました。最終的に狭き門であった大好きなブランドの洋服屋店員になることが出来ました。
そんな中、島外に出て約10年経ったころ父を亡くしました。その時に壱岐にいる家族のことを考えたり、現在の夫が壱岐にUターンしていたこともあり、仕事をスパッとやめて帰りました。Uターン後には結婚し、長男の嫁として夫の実家に入りました。

 

Q2 どんな仕事をしているのか教えてください?

義父・義母と畜産をしています。
3年程前、近所に住む親と同じ年代の方が突然亡くなり、親もいつまでも元気に仕事を続けられる訳ではないと実感しました。そして今後の長尾家について家族で話し合うことになりました。夫は勤めていて定年まで20年以上あり、私も子育てと仕事を両立していたのですが、私が手伝うのがベストだという結論になりました。夫が定年後に畜産業を継ぐと考えたときに、今のうちに少しでも義父から学んでいた方が良いですよね。
農家育ちではないので農作業自体が新鮮で楽しいし、とにかく昔から生き物が好きだし握力は52もあって、この仕事は向いていると自負しています。懐いてくる牛もとってもかわいいです。

 

 

 

Q3 普段のタイムスケジュールは

朝、子どもの送り出しや家事が終わってから牛の仕事をします。牛舎の清掃、餌の準備など、また草切りや牧草をロールにする仕事、やることは山ほどあります。ルーティーン仕事に加えて突然牛のお産が始まったりと、忙しくも充実しています。
用事があるときには自分自身で時間を調整したり、義父に仕事をお願いします。義母は「子どものことを優先していいよ」といつも言ってくれています。家族だから仕事面でも生活面でもお互い支えあえています。もっぱら頼る方が多いですが笑
夕方は小学生2人と中学生1人の子どもの習い事(サッカー、ピアノ、塾、太鼓など)の送迎で出たり入ったりしながら晩御飯を作って食べさせてと、まさに分刻みに動いています。そんな中ですが、私自身も週2でソフトバレーをしていてその日ばかりは夫が帰ってくると「晩御飯はこれだからー!!」と言い残してダッシュで出かけます。慌ただしい中でも自分が楽しむことを忘れません。

 

 

 

 

Q4 島外で暮らした経験が今の暮らしに生きていることはありますか。

壱岐は狭くて、少しでも家を出ると必ず誰かに会います。笑
そんな時に接客業で身についたことがとても役に立っています。お客さまに話しかけるとき「この人は今話しかけても大丈夫かな」とか「どんなテンションで話そうかな」とか考えます。相手の様子を観察することが大事です。だから人に会った時に相手の様子を見てからコミュニケーションを取るように心がけています。けど、つい楽しくなっておしゃべりしすぎてしまうことが多々ありますが(笑)
また母親業をしていると子どもの学校や習い事などで、親同士で顔を合わせることが多くあります。特にその場所に初めてくる人って不安だと思うんです。そんな時にはこちらから積極的に話しかけます。最初は知らなかったのに徐々にお互いを知ってだんだん仲良くなる、そのようなことが嬉しく大好きな瞬間です。

 

Q5あなたにとっての壱岐を一言で表すならなんですか?

宝の島」だと思います。自然環境や人と人との繋がりが宝です!!

島外に出た経験があったからこそそんな壱岐の良さが分かったと思います。高校時代、友人と福岡へショッピングに行くようになり、都会への憧れが強くなりました。どうして壱岐には何もないんだ、早く都会へ行きたいという気持ちが抑えられませんでした。
生まれた時からこの環境だと海をみて穏やかになることや、地域が繋がっていることの安心感が貴重なものだと気付かないんですよね。
だから子どもたちにも一度は島外へ出てほしいんです。いつか子どもたちが帰ってきたいと思った時に、このような素晴らしい環境、宝を残していきたいと思います。自分が帰って来た時に残してもらっていたように。

 

 

Photo by 髙田望


【壱州人辞典とは】

地元出身者・移住者・年齢・性別問わず、壱岐に住む(暮らしている)を紹介していく企画です。
壱岐島の良さを伝えるには、その地に暮らす人にフォーカスを当てることが大切だと考え、魅力的だと感じる人を紹介していくことで「この人に会ってみたい。」「この人に 話を聞きたい。」という興味を持ってもらい、人が人を呼ぶようなサイクルを作りたいと思っています。
人から人へと辿っていくことで、私たちが知らない、壱岐の人もあまり知らない面白い人に出会いました。 


~壱州人辞典一覧はこちらから~

壱州人辞典 | いきしまぐらし 【壱岐市公式】 – Page 3 (ikishimagurashi.jp)

≪この記事を書いた人≫

田口有香さん

大阪生まれ大阪育ち、3人の子どもの母です!! 夫が長崎県壱岐島出身者。 2020年に家族で壱岐島に移住。 壱岐島は長崎県で、しかも離島ですが、福岡まで高速船で65分という抜群の地の利の良さが魅力。 壱岐市の地域おこし協力隊 観光課所属 壱岐市観光連盟配属 観光スポットの特集記事を書いたり、SNSの運営などを担当しています。

一覧に戻る

  • 壱岐市公式サイト
  • ながさき移住サポートセンター
  • 壱岐観光なび
  • いきしまぐらしNEO